網膜剥離になったらどんな風に見えるの?

周りに蚊のようなものが飛んでいるように見える

まず、物を見たときに視界の中心は問題なく見えますが、その周りや隅っこに光がみえるなんてことがあります。光視症とも言われています。この光も数秒間見えるなんて人もいれば、この病気になっても全然起こらないという人もいて、その見え方も個人差があります。

次に飛蚊症です。これは、この病気の初期症状としてよく出てくるものです。なにもないところで、蚊のようななにかが飛んでいるように見えるといえものです。黒くて小さいものが多く、これも人によってはその形も変わったりします。ただ、飛蚊症は、他の病気でも出てきますから、一概にこの病気とは言い切れないなんてこともあります。ですが、病院へ行くきっかけにはなるので、気をつけましょう。

また、この飛蚊症がさらに悪化したようなケースになると、その数が増えたり、さらに黒く霞がかかったように見えたりもします。また視野もはっきりと明るく見えずに、暗く見えてしまうというものがあります。

また、下の部分が暗くなったり、さらに上の部分が見えなくなってしまうなどと、部分的に見え方がおかしくなることもよくあります。

あと、見え方がおかしくなるだけでなく、視力の低下を起こしやすくなってしまいます。見えていたものが見えなくなったときも、時には網膜剥離の予兆なんてこともあるのです。

見え方と進行具合には個人差がある

見え方も個人差があるので、その進行具合も変わります。網膜に穴が開いている場合と、さらに実際に剥がれたりする場合とそれぞれで、治療方法も代わってきます。

また穴が開いている場合だと、なんとかレーザーによる治療でまた処置も小さくて済みます。

レーザーの場合には、網膜が剥がれないようにすることを目的とします。それにより更なる進行が防げるからです。ところが、さらにそこから剥離することになってしまうと、さらに手術となり、入院などかなりの負担や費用の負担を強いられます。そうなるまえに、ぜひ早めの診察が必要となるのです。

網膜剥離になったときの見え方もしっておけば、きっと違和感を感じたときに役にたつはずです。見え方についても覚えておきましょう。