プロボクサーの引退理由でよく聞かれる網膜剥離とは

網膜が剥がれたり破れたり穴が開く怖い病気なんです!

どんな病気でも原因はあるはずです、そんな原因をあらかじめ知っておくことは、予防へと繋がります。それによって生活習慣を改めたり、行動を気にするといったことにも繋がります、なってしまってからだと、かなり後悔をすることも多く、悲観的になったり、治療費などで生活にもかなりの影響を与えます。そうならないためにも、知識を身につけていきましょう。

この病気の原因としてはまずは、外傷があります。この病気は網膜が剥がれてしまう、破れたり、穴があくことで起きるのです。でもどうして体の中の網膜が剥がれたり、破けたりするのでしょうか。

それはまずは外傷があります。よくプロボクサーの引退理由としてこの病気になってしまったからというのもよくあります。強い衝撃をうけることで、網膜がだんだんと剥がれたりするというのです。つまりはそれだけ繊細ということにもなるのです。普段の生活でも頭を何かにぶつけてしまった、顔をなぐられた、事故にあったなど目の回りや顔や頭に衝撃をうけることで、起きてしまうことは普通にあるのです。

加齢で発症する網膜剥離からの糖尿病は要注意!

次に加齢があります。加齢でも起こるのかと驚く人もいるでしょう。目の中は硝子体(しょうしたい)とよばれるゼリー状の物質で満たされていて、その境目に網膜があります。若い頃は硝子体は満杯となっていて、問題ないのですが加齢とともに硝子体が減った、収縮したりしてしまうことがあります。そのときに、網膜までその収縮に引っ張られてしまい、それにより剥がれてしまうことがあります。これにより網膜剥離となってしまうのです。
他にも近視の場合にも、目の中でピントの調整をしていくうちに網膜に、裂け目ができてしまい、それが広がっていくうちにはがれてしまうなんてこともあります。
あとは、糖尿病になってしまうと、他の病気を併発しますが、そのうちの1つとして、網膜剥離を起こすこともあります。あと、ステロイド剤をつかっていると起こるとも言われています。薬による影響の可能性もあるのです。

こうした原因で起こる病気です。つまり、若くても高齢でも起こりうる可能性はいつでもあるということです。ですので、普段から外傷に気をつけたり眼鏡などで視力の低下を抑えたり、病気にかからないようにすることも対策となるのです。ぜひ原因についても知っておきましょう。