網膜剥離は以外にも私たちの身近な病気であることに気づいていましたか?

網膜剥離もその名前は誰でも聞いたことはあるでしょう。格闘技を見る人だと、よく選手がこの病気の手術をした、またこの病気が原因で引退したなんて話を聞いたこともあるでしょう。

でも、普段の 生活の中であまり周りでこの病気にかかったなんて聞いたこともある人はすくないのではないでしょうか。それもあって、なかなか身近に感じることはできないのかもしれません。

この病気の患者数を確認すると、2013年4月~2014年3月にかけては、手術をした件数は2万2千件を越えています。それだけ患者がいたということになります。

ちなみに白内障だと2013年だと92万人、緑内障だと、72万人となっています。これらに比べるとその人数はかなり少ないとも言えますが、2万人をこえるのですから、特殊な病気というわけではありません。

また、全国各地でもその手術は行われてもいます。特別に地域差があるものとも言えなさそうです。なお手術も、実は3種類あります。レーザーによるものと、さらに眼球外側から手術をするもの、さらに内側からするものとあるのです。

それぞれ網膜剥離の症状の程度を見てどれにするかが決まります。これほどの手術もあちこちで行われていますし、患者もいるということは決して特殊な病気というわけではないのです。なお、手術については、子ページでも詳細を載せています。ぜひ参考にしてみてください。

失明に進むリスクは十分にある恐ろしい症状である

網膜剥離と聞くと、なにか特殊な出来事がないとならないような気がしていませんか。ボクサーや格闘技のようなことをしてしまうとなるけど、普段の生活では起こらないと思ってしまうのも無理はありません。しかし、平穏な生活をしていても起こることもあります。特に50代以降ではその可能性は十分にあるのです。

なぜなら、加齢とともに、網膜が剥がれやすくなったり、硝子体が加齢とともに変化し、その影響をうけてしまい、網膜が剥がれることもあります。ちなみに網膜に穴があいてしまうこともありますが、それがそのまますぐにこの病気になるとはかぎりません。そのまま大丈夫な場合もありますが、しかし、そこから剥離に進み、さらに失明に進むリスクは十分にあります。
50代をすぎると、自然にこの病気になったりもするので、やはり身近な病気であるとも言えるでしょう。

かすみや視野がせまくなる初期症状からの早めの治療がカギ

その原因としては、外相によるものから、加齢やさらに他の病気による影響だなんてこともあります。それぞれの原因がもとでおきると、すぐに物の見え方にも影響がでてきます。それは、例えば蚊がいつも飛んでいるように見えたり、光がみえたり、かすみや視野がせまくなるなどがあります。初期症状として出てきたあとも、それがさらに続いて本格的な症状となることもあります。

やはり目の異変は感じやすいものですから、それを放っておかないことも、早期の改善のためには必要です。そして、これらの初期症状もかなりの人が感じているようで、ネットの記事手もこうした症状についても質問や体験談もあります。それを見ても、特別な病気でないことがわかるでしょう。

子ページでも、もう少し詳しく例えば、初期症状や本格的な症状、さらに治療の方法としての手術についての知識、また病院の選び方などを紹介しています。それを知れば万が一にも落ち着いて対処をすることもできるようになるでしょう。また、もしも周りの人でなったときにも、その対処を伝えてあげることも必要になってきます。